RSS
 

ortofon オルトフォン SPU Synergy MCカートリッジ Windfeld氏が残した最高傑作品

1918年、オルトフォンはデンマーク・コペンハーゲンで誕生しました。
ortofon history 1

オルトフォンの歴史は、1918年にA.ピーターセンとA.ポールセンが創立したエレクトリカル・フォノフィルム・カンパニーにその源を発します。二人は、この会社から行った史上初の本格的な音の出る映画システム“SYSTEM PETERSEN OG POULSEN”の発表で世界に名を馳せました。エレクトリカル・フォノフィルム・カンパニーは、後にフォノフィルム・インダストリーA/Sと改称され、その傘下に、1951年オルトフォンA/Sが設立されました。

「オルトフォン」の名称自体は、既にこの以前からピックアップ製品等に対するブランド名として使用されています。「オルトフォン」は、ギリシャ語の「真正な」「正統な」を意味する“orto”と、同じく「音」を意味する“fon”の2つを組み合わせた造語です。オルトフォンはその名の示すとおり、終始「アナログサウンド」に関わって歩みを進めてきました。そして、自ら標語として掲げる“ACCURACY IN SOUND”の実現を一貫して追求し続けています。

ortofon オルトフォン SPU Synergy MCカートリッジ Windfeld氏が残した最高傑作品

標準価格:
211,680円(税込)
価格:

167,630円 (税込 181,040円)

購入数:

在庫

2個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

商品説明

0.5mVの出力で、シリーズの中で最もパワフルなSPU
SPU Synergyは30年以上にわたりオルトフォンのチーフエンジニアを務めたペア・ウィンフェルド氏が最後に残したSPUです。シリーズの特長である低い内部インピーダンスを継承しつつ、ネオジウムマグネットの採用や発電系を新たに設計することで出力電圧をアップさせ、これまでのSPUで最も高い0.5mVの出力を実現。これにより、既に力強いサウンドに定評のあった本シリーズの中でも最もパワフルなSPUとなりました。特徴的なGタイプのヘッドシェルは橅(ぶな)材粉末を55%配合した樹脂製で、SPUの奏でる豊かな響きを創り出すことに大きく貢献しています。

超低内部抵抗 (2Ω) で高出力(0.5mV)。シェルはブナ材微粉末55%入りの高ダンピングの性能 山中塗りの工芸品、優れたエンジンとシェルの相乗効果が素晴らしいハーモニーを生み出しています。地を揺るがす超低域、噴出すエネルギーに支えらた見事な帯域バランスで懐かしく暖かい音。オーデイオの歴史に名器として君臨するカートリッジ

>> 送料・手数料についての詳細はこちら

仕様

発電方式:MC
出力電圧:0.5mV
周波数特性:20Hz-30,000Hz
適正針圧:3.0g
内部インピーダンス:2Ω
カンチレバー:アルミニウム
ダイアモンド針:Nude Elliptical 18×8μm
自重:30g

ページトップへ