RSS
 

ortofon オルトフォン SPU#1E 楕円針 MCカートリッジ

1918年、オルトフォンはデンマーク・コペンハーゲンで誕生しました。
ortofon history 1

オルトフォンの歴史は、1918年にA.ピーターセンとA.ポールセンが創立したエレクトリカル・フォノフィルム・カンパニーにその源を発します。二人は、この会社から行った史上初の本格的な音の出る映画システム“SYSTEM PETERSEN OG POULSEN”の発表で世界に名を馳せました。エレクトリカル・フォノフィルム・カンパニーは、後にフォノフィルム・インダストリーA/Sと改称され、その傘下に、1951年オルトフォンA/Sが設立されました。

「オルトフォン」の名称自体は、既にこの以前からピックアップ製品等に対するブランド名として使用されています。「オルトフォン」は、ギリシャ語の「真正な」「正統な」を意味する“orto”と、同じく「音」を意味する“fon”の2つを組み合わせた造語です。オルトフォンはその名の示すとおり、終始「アナログサウンド」に関わって歩みを進めてきました。そして、自ら標語として掲げる“ACCURACY IN SOUND”の実現を一貫して追求し続けています。

ortofon オルトフォン SPU#1E 楕円針 MCカートリッジ

標準価格:
74,520円(税込)
価格:

59,060円 (税込 63,785円)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

商品説明

オルトフォンより新型SPUの登場です。1959年の発表より約60年、今もなをSPUを作り続けるortofon。当時の開発者ロバートグッドマンセンによる天才的なステレオMC構造は今もなお世に出ているほとんどのMCカートリッジがこのSPU構造を手本とするほどです。
この銘機「SPU」を当時のオリジナル版のまま現在も愛用しておららる方も多くヴィンテージカートリッジとしても永きに渡って愛され続けております。そしてこの度ortofonより新たなSPU、「SPU#1」(ナンバーワン)が登場します。
この新型SPU「SPU#1」(ナンバーワン)はかつての「オールドサウンド」に最大限に拘り、当時を思わせる図太いサウンド、豊かな低域、完璧なまでの「THE SPUサウンド」となっております。この「SPU#1」(ナンバーワン)の名前には二つのメッセージが込められております。一つは昔からのSPUファンに捧げる当時の印象のままの意味での「マイファーストSPU」、そして二つ目はこれから新たにSPUに親しんで頂くオーディオファイルに向けた「マイファーストSPU」とのメッセージです。
この「SPU#1」(ナンバーワン)はSPUシリーズの中で最もコストパフォーマンスが高く導入し易い価格帯となっております。
また楕円針「SPU#1E」(Elliptical Stylus)と丸針「SPU#1S」(Spherical Stylus) の伝統の2種類を用意しております。
現在の開発者Leif Johannsen(ライフヨハンセン)氏が初代の開発者Robert Gudmandsen(ロバートグッドマンセン)氏より受け継いだ伝統のSPUサウンドを自信を持ってお届け致します。

■チーフエンジニア / ライフ・ヨハンセン
原子核物理学の博士号取得、物理学修士課程。ドイツにおける博士研究員の資格を保持し、オーフス工科大学准教授を勤める。現在、アナログカートリッジに関する複数の特許を出願中。MC Windfeld以降の全てのカートリッジを設計。Ortofonの全ラインナップを監修するチーフエンジニアとして現代のOrtofonが理想とするサウンドを創り出している。

ortofon leif johansen

>> 送料・手数料についての詳細はこちら

仕様

出力電圧(at 1kHz, 5cm/sec.):0.18mV
チャンネルバランス(at 1 KHz):1.5dB以内
チャンネルセパレーション(at 1 KHz):20dB以上
チャンネルセパレーション(at 15 KHz):10dB以上
周波数特性:20-20,000Hz ±3dB
トラッキングアビリティー(315Hz、水平):65μm
水平コンプライアンス:10μm/mN
スタイラスチップ:楕円針(Elliptical Stylus)r/R8/18μm
針圧範囲:3.0-5.0g
適正針圧:4.0g
トラッキング角度:20°
内部インピーダンス:2.0 ohm
推奨負荷インピーダンス:10 ohm以上
カンチレバー:アルミニウム
カートリッジシェル素材:木粉および樹脂の複合素材
コイル線材:OFC
自重:30g

ページトップへ