RSS
 

ortofon オルトフォン SPU Meister Silver GE MK2 MCカートリッジ

1918年、オルトフォンはデンマーク・コペンハーゲンで誕生しました。
ortofon history 1

オルトフォンの歴史は、1918年にA.ピーターセンとA.ポールセンが創立したエレクトリカル・フォノフィルム・カンパニーにその源を発します。二人は、この会社から行った史上初の本格的な音の出る映画システム“SYSTEM PETERSEN OG POULSEN”の発表で世界に名を馳せました。エレクトリカル・フォノフィルム・カンパニーは、後にフォノフィルム・インダストリーA/Sと改称され、その傘下に、1951年オルトフォンA/Sが設立されました。

「オルトフォン」の名称自体は、既にこの以前からピックアップ製品等に対するブランド名として使用されています。「オルトフォン」は、ギリシャ語の「真正な」「正統な」を意味する“orto”と、同じく「音」を意味する“fon”の2つを組み合わせた造語です。オルトフォンはその名の示すとおり、終始「アナログサウンド」に関わって歩みを進めてきました。そして、自ら標語として掲げる“ACCURACY IN SOUND”の実現を一貫して追求し続けています。

ortofon オルトフォン SPU Meister Silver GE MK2 MCカートリッジ

標準価格:
221,400円(税込)
価格:

175,280円 (税込 189,302円)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

商品説明

アナログサウンドに拘り続けるオルトフォンのHiFiカートリッジは、最高のサウンドを提供するだけでなく、より忠実に、より正確な音を再現します。

SPU models
1959年の発表以来、世界中のMCカートリッジの基礎となったステレオMC構造。世界中に愛される伝統のSPUサウンド

腰の据わった中低域に加え、重厚かつ高音域に独特の煌きを持った絶品
SPUの生みの親であるロバート・グッドマンセン氏の在職50年を記念して、1992年に発表されたSPU Meister GE/AEを祖としたシリーズの最新モデルです。SPU Meisterは、シリーズの中で初めてネオジウムマグネットを採用し、当時新たに開発された磁気回路と7N高純度銅線を用いたコイルを搭載していましたが、後継機種として登場したSPU Meister Silverではコイルに6N高純度銀線を採用。Meister譲りの腰の据わった中低域のサウンドはそのままに、新たに超高純度銀を使用することで重厚かつ高音域に独特の煌きを持った銘品となりました。

SPUの開発者、ロバート・グッドマンセン
1992年にデンマーク王室より文化功労章を授けられた、SPUの開発者ロバート・グッドマンセン(右)。左は当時のOrtofon A/S社長のエリック・ローマン。
SPUの開発者、ロバート・グッドマンセン

>> 送料・手数料についての詳細はこちら

仕様

発電方式:MC
出力電圧:0.3mV
周波数特性:20Hz-25,000Hz
適正針圧:4.0g
内部インピーダンス:6 ohm
カンチレバー:アルミニウム
ダイアモンド針:Nude Elliptical
自重:31.5g

ページトップへ