RSS
 

ortofon オルトフォン Cadenza Black MCカートリッジ

1918年、オルトフォンはデンマーク・コペンハーゲンで誕生しました。
ortofon history 1

オルトフォンの歴史は、1918年にA.ピーターセンとA.ポールセンが創立したエレクトリカル・フォノフィルム・カンパニーにその源を発します。二人は、この会社から行った史上初の本格的な音の出る映画システム“SYSTEM PETERSEN OG POULSEN”の発表で世界に名を馳せました。エレクトリカル・フォノフィルム・カンパニーは、後にフォノフィルム・インダストリーA/Sと改称され、その傘下に、1951年オルトフォンA/Sが設立されました。

「オルトフォン」の名称自体は、既にこの以前からピックアップ製品等に対するブランド名として使用されています。「オルトフォン」は、ギリシャ語の「真正な」「正統な」を意味する“orto”と、同じく「音」を意味する“fon”の2つを組み合わせた造語です。オルトフォンはその名の示すとおり、終始「アナログサウンド」に関わって歩みを進めてきました。そして、自ら標語として掲げる“ACCURACY IN SOUND”の実現を一貫して追求し続けています。

ortofon オルトフォン Cadenza Black MCカートリッジ

標準価格:
291,600円(税込)
価格:

230,850円 (税込 249,318円)

購入数:

この商品はお取り寄せになります

在庫

購入

お取り寄せを希望

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

商品説明

アナログサウンドに拘り続けるオルトフォンのHiFiカートリッジは、最高のサウンドを提供するだけでなく、より忠実に、より正確な音を再現します。

100周年に向かって歩むオルトフォンの伝統“Micro audio engine technology”の集大成、カデンツァシリーズ

オルトフォンはMC Jubileeで磁気回路を革新し、電磁変換効率の画期的な向上と振動系実効マスの大幅な低減に成功しました。この時に生まれた画期的磁気回路とダンピングシステムは、オルトフォンの技術の大きなステップでした。Cadenza BlackはMIM(Metal Injection Molding)の内部機構をベースにオルトフォンが誇る最高技術WRD(Wide Range Damping-system)と、コイルには伝説のカートリッジとなったSPU 85 Anniversaryで使用した金と6N銅の複合線「Aucurum」を使用。その豊かな表現力はまさにCadenzaシリーズの最高機種に相応しい内容となっています。

従来のMC-Jubileeの後継機種です。
6N高純度銅線に金メッキをしたコイル
軽量性と剛性を応用したボロンカンチレバー
無垢ダイアモンドのシバタ針
鋳造ステンレス製のケース
を採用して剛性を高め音質を何処までも純化しています。
このオーデイオエンジンはオルトフォンの最高傑作品の一つです。

>> 送料・手数料についての詳細はこちら

仕様

発電方式:MC
出力電圧:0.33mV
周波数特性:20Hz-60,000Hz
適正針圧:2.3g
内部インピーダンス:5 ohm
ダイアモンド針:Nude Shibata
自重:10.7g

ページトップへ