RSS
 

[送料無料] GRADO グラド MI型ステレオカートリッジ The Reference 2

ジョセフ・グラド氏は若くしてティファニー社で昼間は働き、夜は時計技工士校の教師をしていました。ある時、彼はソール・マランツ氏宅を訪ね、彼のシステムの音を改良して見せました。 マランツ氏はグラド氏の耳と技術に感動し、彼をフェアチャイルド社へ紹介。そして即座に彼はフェアチャイルド社のチーフエンジニアとして数々のカートリッジを設計することになりました。 1953年、2000ドルをかき集めて「グラド・ラボ社」を設立してMC型カートリッジの製造を開始。以後、グラド・ラボ社は50年以上の歴史を有するオーディオ・メーカーの中で、オーナーが変わっていない唯一の存在となっています(現在、ジョセフ・グラド氏は隠居し、甥のジョン・グラド氏がグラド社の指揮をとっています)。
ジョセフ・グラド氏はステレオMCカートリッジの基本特許を含め、48を超える特許を取得。また、マランツのあの美しいプリ#7のパネルデザインや、ヴァイオリンの製作や演奏。さらには、メトロポリタン歌劇場でテノール歌手として出演。ウェストフィールド交響楽団の演奏会では歌劇「オテロ」の主役を演じたりもしました。
このように音楽をこよなく愛し、多才な彼が生み出す製品は「如何に音楽の心を伝えるか」をテーマに開発されています。グラドサウンドと称されるその音質は、暖かく、身体全体を震わせるヴォーカル、優れたダイナミクス、そしてスムースなトップエンドと美しい余韻と力強い低音が特徴です。
このカートリッジは、熟練した職人の手によって1つ1つ丁寧にニューヨークにあるGRADO工場で組み立てられます。

[送料無料] GRADO グラド MI型ステレオカートリッジ The Reference 2

メーカー希望小売価格:
173,340円(税込)
価格:

136,111円 (税込 147,000円)

購入数:

この商品はお取り寄せになります

在庫

購入

お取り寄せを希望

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

商品説明

新しいReferenceシリーズ2は、手作業で丁寧に削り出されたオーストラリア産の最高級のジャラ材を使用し、米ニューヨークにあるGRADO社の工場でひとつひとつ丁寧に組み立てられています。最適な音質を達成するために、非常に手の込んだ養生を生産過程で施しています。
Referenceシリーズ2の、ジェネレーター/スタイラス機構は交換不可となっており、これは新たに設計された磁気回路を1つの塊とすることにより、シャーシのレゾナンスを大きく低減させています。Referenceシリーズ2は、優れた周辺機器と共に使用されることを推奨します。

Referenceシリーズ2は、発電系の実効質量をさらに減らすことに成功しました。GRADO社のために特別に生産されたダイヤモンドチップの針先を備えています。また、“Reference2”及び“Reference Master2”にはボロン製カンチレバーが採用されています。周波数特性には変更がありません。

低音域において再生される音質はソリッド、パワフルそして厳然としており、中音域では豊かで複雑、そして音源が高い確度でリスナーの耳に提供されます。トップエンドへと至る高音域は、まるでそのスピード感と卓越した優美さがが永遠と伸びていくように感じられます。

“Reference2”及び“Reference Master2”には、5ピース・OTL (Optimized Transmission Line)・カンチレバー・テクノロジーが採用されており、“Reference Platinum2”及び“Reference Sonata2”と比較して5%ほどの質量軽量化を達成しています。ボイスコイルには、UHPLC銅線(超高純度ロング・クリスタル)が巻かれています。GRADO社が特別に設計した針先、“Reference Master2”には人工楕円ダイヤモンド、最上位モデルの“Reference2”には、天然楕円体ダイヤモンドが使用されています。

“Reference2”及び“Reference Master2”は、全ユニットが個別にGRADO社の技術者によって音質の最終調整がされています。

>> 送料・手数料についての詳細はこちら

仕様

出力: 4.8mV
周波数特性: 15 - 60,000KHZ
チャンネルセパレーション: 30dB
適合負荷: 47kΩ
インダクタンス: 30mh
出力抵抗: 600Ω
本体重量(ネジ含): 10g
適合針圧: 1.5g - 1.9g

ページトップへ